千里のひとり事
千里の徒然な雑記帳
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Web 拍手

拍手する

プロフィール

千里

Author:千里
ただの同人作家です。

  •  千里のプロフ

  • pixiv 千里のプロフィール

    ニジエ 千里のプロフィール

    同人作品販売中


     

    仕事請負中

    I LOVE YOU COMPANY

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    RSSフィード

    メールフォーム

      

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版
     ・・・というわけで、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を一人で観てきました。三宮のシネリーブルという映画館で観たのですが、平日なのに7~8割ぐらいのけっこう客が入っていました。売店のエヴァグッズも、そこそこ売り切れてました。



     何故、観に行ったのか。もちろん巷の評判が良いという事もあったのですが。アニメ誌などの情報から新劇場版は、「Remake(再編集)」ではなく、「Rebuild(再構築)」であると知りました。そこら辺の情報から新劇場版はTV版、前劇場版の続きなのではないか、つまり「新劇場版とはレイはリリスと融合して地球が赤く埋め尽くされてシンジとアスカが生き残った世界から、新たにやり直しのために再構築された世界」なのではないかと。「ひぐらしのなく頃に」が惨殺されない結末を目指して何度も繰り返される世界であるのに近い感じです。つまりシンジが望むより良い結末の世界になるために、何度も繰り返されるエヴァという世界の物語なのではないかと。あぁ、だったら観る意味と価値はあるに違いない。だから観に行ったのです。

     サキエル、シャムシエル、ラミエルでヤシマ作戦というストーリーの流れは旧作と同じですが。かなりはしょってます。絵はほぼ全部描き直し、新たに描き下ろしで綺麗です。あまりネタばれは書きませんが、大きな印象としては新劇場版はシンジに優しいと感じました。エヴァゲリオンに乗って戦う動機付けが、ミサトによって分かりやすく提示されます。ミサトがシンジをぶたずに、自分をぶつあたりTV版と違うのではないでしょうか。

     使徒とかビル群などCG化で綺麗になって動きます。ラミエルがグニョングニョンでシャキーンです。ヤシマ作戦が燃えます。あとレイが綺麗になって、乳首出してます。

    070919.jpg

     最後、カヲルの登場シーンも驚いたのですが。ミサトさんの「サービス、サービスぅ」的な次回予告に驚きますね、やっぱり。謎の新キャラに、謎の新エヴァ○号機とか。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破」の「破」は、「は…?」ですよ。マジで、どうなるねんっ!?で終わります。

     観終わった感想としては、ひさしぶりにエヴァを見たという気持ちと、新しいヱヴァを見たという気持ちが錯綜する感じです。鑑賞中ずっとTV版を思い出しつつ、新しいシーンや改変があるシーンに「おっ、ここ新しい」「こう描き直してきたかー」って思ってました。劇場を出た後に、あれこれ考えていました。こういう時に熱く語り合える友人がいたら良いのですが、残念ながらエヴァで熱くなれる友人がいなかったり。エヴァについて熱く語れる人は観るべき映画ですね。